飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東北」

ヘッドライン

ヘッダー新_R

グローバルダイニング経験後、HUGE「RIGOLETTO 仙台店」の店長として業界をけん引した実力派飲食人、堂前祐樹氏が挑む新たなチャレンジとは!!

20名様~貸切可能な店内は、着席でのご利用も立食でのご利用も可能。こだわりの家具と美味しい香りに包まれる空間で、思い思いに過ごせる。
<パーティ概要>
最大貸切人数 40名(着席 25名)
ご予算/時間/形態などは要相談。
バターを使用せずに、素材のうま味を最大限に生かす、ヘルシーな調理法で作られている。
「ピッピーノ風ナポリタン(850円)」
女川や塩竃などの市場より、毎日新鮮な魚介類を仕入れています。食材に合ったベストな調理法でご提供いたします。
「カポナータ(650円 )写真左」
「カルパッチョ(1100円)写真右」

株式会社TIES社長兼「Osteria Don Pippino」店主の堂前祐樹氏が仙台に来たのは2007年9月。「RIGOLETTO 吉祥寺店」の初代店長としてお店を軌道に乗せ、飛ぶ鳥落とす勢いにしてからのことだった。初の地方出店として仙台の名が上がった時、真っ先に立候補、新たなチャレンジを決意したという。堂前氏はかねてより「HUGE」代表の新川氏を慕っており、新川氏の成功していく姿を近い位置で見てきた。最前線で活躍し結果を残しながらも、いつか同じ土俵に立ち認めてもらいたいという気持ちも強くなっていったという。2014年2月、共に働いていた料理長が独立。それを機に、自らの市場価値がどれくらいのものなのか興味を持ち始めた。
「今までは優れた経営者の力で勝たせてもらっていた。そのブランド力をなくしたとき、自分がどこまでできるのか、やってみたいと思った」そう語る同氏は、少しずつ外に目を向けるようになっていく。同業である飲食店はもちろん、生産者、仲介業者、アパレル等の異業種にも目を向け、自らのビジョンを形にしていくこととなる。
「東北の食材は素材そのものが美味しい、その旨味をそのまま提供できるお店を創りたい。規模やスペックに関しては、「HUGE」には叶わない、20席~30のお店だからできることを模索していく。お客様の選択肢に入れてもらえるようにコストパフォーマンスは高くエッジが立ったお店創りをしていく。」
2015年9月14日、同氏は、株式会社TIESを設立し「Osteria Don Pippino」を開店させた。
「Osteria Don Pippino」は、定禅寺通り側の国分町入口に立つビルの2階にあり、少し見つけづらくなっている。エレベーターで2階まで上がりドアが開くとすぐに店内へと入れるようになっている。落ち着いた雰囲気の店内は、店主こだわりの座り心地のいい椅子とそれに合わせたオーダーテーブル、カウンター席からなり、様々なシチュエーションで利用できる。着席だと25名ほどで埋まってしまう小さな店内だが、パーティ等も考えて貸切であれば立席で40名までなら承るという。
「素材本来のうま味が生きるイタリアン」メニューは、旬の野菜や宮城の肉や魚介を使い、余計なものは一切いれず、ひと手間もふた手間もかけてコクを出す、料理人の腕が光るものばかり。ランチでもディナーでも手の込んだ体に優しく美味しい料理が楽しめるのが特徴だ。ランチでは、定番の「ピッピーノ風ナポリタン(850円)」をはじめ日替わりのパスタやリゾット、日替わりのお肉料理に、サラダやドリンクがついたランチセット等、ゆったりしたい午後に選ばれるお店と言えるだろう。また、ディナーでは「女川産ホタテのカルパッチョ(500円)」「塩釜ムール貝の白ワイン蒸し(950円)」等の前菜から、「女川市場より~旬魚のソテー(1200円)」「魚介のトマトスープ(1500円)」等の魚料理、「蔵王爽清牛のステーキ(1650円)」「栗駒カテキン豚のア・ロースト(1400円)」等の肉料理、定番の「国産牛を煮込んだ自家製ボロネーゼ(950円)」「フレッシュトマトとバジルのパスタ(1150円)」等、日本ワインやイタリアンワインとの相性抜群の料理が楽しめる。

「自分のベースはHUGEにあります。そのベースを自分の色に変えて、街の鼓動となる店を創りたい。HUGEがどれだけ強い集団なのかは自分自身がよく知っています。だからこそ、よりシンプルに教わったことを徹底することが重要と考えています。それは、‘お客様が注文したものを、間違えずに、感じよく、誰もが、毎日、時間通りに、提供する’ということ。スーパースター文化ではなく組織、チームでお客様をお迎えすることです。また、一緒に働く仲間には、楽しく幸せに生活する環境を整えたいと考え、スタッフの3分の1を社員として雇用していく予定です。そうすることで、心に余裕をもって安心して働くことができ、お客様により良いサービスを提供することができる、さらには長い間愛され続けるお店に育てることができると考えています。「Osteria Don Pippino」は自分の中では直球のお店ですが、このお店が成功したら来年はもう1店舗、ピッツェリアをやってみたいと考えています。目指すのは、流行り廃りで左右されない、街に長く愛されるお店を創ることです。」
飲食企業として最先端を行く「HUGE」を卒業し、自らの足で新たな道を歩み始めた堂前氏。その眼には何年先までのビジョンが見えているのか。その志の高さに引き込まれつつ、いつかフラッと師である新川氏が訪れ「いいチーム作ったな」と笑う光景が目に浮かぶ。

(取材=澤田てい子)

店舗データ

店名 Osteria Don Pippino (オステリア ドンピッピーノ)
住所 仙台市青葉区国分町2丁目15-10 JPビル2階
電話 022-796-9903
営業時間 Lunch 11:30~15:00 Dinner 17:00~23:00(LO.23:00)
定休日 日曜日(12月のみ、Dinner time営業しています)
坪数客数 15坪25席(貸切立席 40名)
客単価 Lunch 900円  Dinner 3500円
運営会社 株式会社TIES

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2015 FOOD STADIUM TOHOKU INC. All Rights Reserved.