飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東北」

ヘッドライン

10年以上想い続けたイメージを形に。仙台駅から徒歩7分。『お菜晩酌 志ほ』仙台銀座に2018年12月3日オープン。

東二番町通側『仙台銀座』入り口から入った、Blue Birdさんのビル2階。オレンジの暖簾が目印です。
カウンター席8席のこじんまりとした店内。
「おばんざいと言うと高級な感じがして気が引けるので…」と志穂さん。お菜、という言葉で気軽に1杯飲みに来てほしいという願いも込めている。
志穂さんとの会話を楽しみに通う常連客も増えてきたそう。この笑顔に逢いにいきたい。

震災であきらめた夢

「震災前から計画はしていたんです。物件も契約寸前まで行って…。」8年前の東日本大震災。その日がまさに物件の契約日だった。それまで温めてきた飲食店への想いを実現する一歩を踏み出す予定だった。しかし、それは起きてしまった。人生で体験したことのない大きな揺れ、今後どうなるかわからない不安。「飲食をやるべきではない」と言われてる気がした。それまで勤めていた会社の人の好意で、転職支援会社へ再就職。目の前にいる大切な人達に寄り添うためにキャリアカウンセラーの資格を取得し、コーチングを学んだ。誰かの愚痴を聞いたり、正しい知識のもとにアドバイスをすることが自分に向いていると感じた。そして同時に、「やっぱり飲食店のカウンターでこの知識を生かして接客をしたい」と強く感じるようになった。

2018年1月、転機が訪れる

独立開業支援セミナーに参加。事業計画を練り、自分の夢を声に出していった。震災前のように1人でコツコツ積み上げる方法ではなく、たくさんの人に「飲食店をやりたい」と伝えることで応援してくれる人たちが増えてきた。それは自分でも驚くほどの変化で、震災前の自分では考えられない人脈ができ心の支えとなった。2018年7月末、会社を退社し物件をもう一度探し始めると、「こんないい物件は探してもそうはなかなか借りられないよ」と周囲からも太鼓判を押されるほどのタイミングで、自分の理想通りの物件が見つかった。9月末のことだった。

仙台銀座に念願の飲食店をOPEN

仙台銀座。仙台駅から徒歩7分、ノスタルジックなその横丁は数十件の飲食店がひしめき合っている。夜になると、店から聞こえる音楽や談笑の声で賑やかな昔ながらの場所。東二番町通り側の入り口から入ってだいたい10メートルくらい歩いた右手2階。急な階段を上ると『お菜晩酌 志ほ』はある。カウンター8席、テーブル席1席(ご予約時のみ解放)の小さな店。カウンターに並べられた数種類のお菜はその日の仕入れや季節によって日替わりで作る。「お菜盛り合わせ(3種)950円(税別)」「お菜(単品)400円(税別)」、「お酒のあて 200円~(税別)」いかにも酒飲みが好きそうなメニューだが、夕食代わりに立ち寄る単身赴任者やビジネスマンも多いことから「ごはんもの 400円(税別)」も用意している。飲み物は東北6県の「日本酒 グラス120㏄650円(税別)」がメイン。女将の志穂さんとの会話を楽しみながら過ごす時間はまた格別だ。

「飲食人らしくないってよく言われるんです」開業するまで飲食とは全く違う経験を積んできた志穂さんだからこそ、出せる空気感。目の前のお客様に正しく向き合うその姿は凛としていて、清々しい気持ちにさせてくれる。

 

(取材=澤田てい子)

店舗データ

店名 お菜晩酌 志ほ
住所 宮城県仙台市青葉区中央3丁目10-5 2階
アクセス 仙台駅から徒歩7分 仙台銀座内
電話 080-2818-9497
営業時間 18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 日曜日、祝日
坪数客数 8坪12席
客単価 3500円~4000円
オープン日 2018年12月3日
関連リンク HP
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ