飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東北」

ヘッドライン一覧

  • mid_D8S_0312-1_R

    【ニューオープン】 「ありきたりな店は創らない」全店コンセプトを変え街を魅力的にブランディ…

    『TFcorporation』は、2010年から国分町を中心に仙台で飲食店を経営、2月10日にオープンしたばかりの「贔屓」を合わせると7店舗を展開している成長企業だ。代表である福島氏は高校卒業後一般企業で働くも、高校時代バイトで経験した飲食業の面白さを忘れることができず、23歳で転職。そこからは、の...
  • 16508236_907534296016848_4205691957104769488_n_R

    【ニューオープン】 「仙台は東北の中心地。だからこそ東北6県の食を発信する価値がある。」他…

    「『飲食業』は『仕事』として捉えています。」そう話すのは、今回の店のコンセプトを決定した梁田亮輔氏。店の共同経営者として、調理場やホールに立ち現場を盛り上げつつ、生産者と店をつなぐ「生産者コーディネーター」として活躍している。 「『好き』という気持ちだけで飲食業は務まらないと思っています。そういう...
  • 16357542_249620262144443_1520884105_o_R

    【ニューオープン】 野菜の魔術師『奥村隆』氏。魅せる料理人から料理人兼経営者へ転身した理由…

    きっかけは震災後、一人の経営者との出逢いだった。「野菜を主役にした店をつくりたい。そして宮城の野菜の店といえばここしかない、と言われる店にしたい」という前職の社長の言葉にどう応えていくか、どうしたら期待を超えられるか、そればかりを考えていた。今でこそたくさんの野菜生産者とお付き合いできることになった...
  • 08_R

    【ニューオープン】 青森県民であることを自慢したくなる店『宵宮がほんず』が仙台国分町に昨年…

    青森のソウルフードといえば、「みそ貝焼」「嶽きみ」「イガメンチ」「青森おでん」…酒飲みにはたまらないラインナップが心くすぐる。 もともとは泉中央でショットバーを14年やってきた長澤氏。区画整理によるビルの立ち退きをきっかけに、昔からやりたかった「地元青森県の食材を発信するお店」をつくりたいという思...
  • %e3%81%a1%e3%82%87%e3%83%bc%e3%81%95%e3%82%93_r

    【ニューオープン】 予約の取れない大人気居酒屋「ちょーちょ」の2号店が1月12日待望のOP…

    「奢らず昂ぶらず、常に謙虚であること。技術を磨き、来てくださるお客様ひとりひとりに真摯に向き合い、気取らず飾らず、元気をもらえる居酒屋に」それを体現しているお店『ちょーちょ』。有り難いことにたくさんのお客様に愛され、お席をご案内できないことが多々ある。また、11名に増えた社員の活躍の場を作りたいと考...
  • ひと_R

    【ニューオープン】 「10年続く居酒屋を」地元に根付いた地域住民憩いの場を目指す。(株)ク…

    「自分が住んでいた町に、こういうお店が欲しいとずっと思っていた。」 そう話すのは国分町の人気店『ヤムヤムチンチン(→食べログ)』を経営する及川氏。お世辞にも繁華街とは言えない五橋の、大通りから一本入ったところに『酒場飯 ででででん』はある。遠くからでもよく見える、大きな看板が目印だ。入口に近づくに...
  • 佐山さん_R

    【ニューオープン】 仙台老舗フランス料理店「もんこぱん あづまや」、本場フランスでの修行を…

    ‘フランス料理’というと、敷居が高く、高級なイメージが強いのは私だけではないだろう。「フランス料理=コース料理、とか、特別な日、と言うイメージから、アラカルトで頼んでみんなでシェアしながら愉しめる、新しい形を創りたいと思っていました」と佐山直嗣氏は言う。フランスの各土地に根付いた郷土料理の味付けには...
  • スタッフ_R

    【ニューオープン】 クラフトビールの伝道師を育てる会社として快進撃を突き進む㈱ステディワー…

    クラフトビールと言えば「CRAFT BEER MARKET」と言われるほど業界では有名な田中徹氏は、大学時代に通った地元の焼酎BARに心動かされ、小さい飲食店を持つことを目標としていた。大学卒業後、独立を視野にいれ計数管理を勉強するため大阪にある飲食大手企業に就職、3ヶ月の研修を経て2年間副店長とし...
  • 堂前さん_R

    【ニューオープン】 グローバルダイニング経験後、HUGE「RIGOLETTO 仙台店」の店…

    株式会社TIES社長兼「Osteria Don Pippino」店主の堂前祐樹氏が仙台に来たのは2007年9月。「RIGOLETTO 吉祥寺店」の初代店長としてお店を軌道に乗せ、飛ぶ鳥落とす勢いにしてからのことだった。初の地方出店として仙台の名が上がった時、真っ先に立候補、新たなチャレンジを決意した...
  • スタッフ!_R

    【ニューオープン】 飛梅2代目、松野水緒氏の渾身の新業態「牡蠣バルTOBIUME」は、三陸…

    株式会社飛梅本部長、松野水緒氏が牡蠣業態を自社のメイン商材に持っていきたいと考えたのは、2011年秋口だった。 震災復興のために何かできないか模索している最中、仙台市内で行われた商談会に石巻の企業である本田水産が出店したことがきっかけだった。本田水産は昭和22年創業以来、牡蠣の養殖に携わっている老...
  • 1908089_607538112683136_4491541646240810659_n_R

    【ニューオープン】 東京「絶好調てっぺん」「どろまみれ」で修業した、注目の若手、高橋智章(…

    ‘3月11日’というと東北人は動揺する。 「この日にどうしてもオープンさせたかった」と「トリとヤサイとサケ ともやん」 オーナー兼店主の高橋智章氏は言う。 震災から4年経ち、自身の実家が石巻ということもあって、この日を風化させたくない、宮城の美味しい食材を広くたくさんの人に知ってもらいたいとい...
  • 150524_meatman_05

    【ニューオープン】 老舗飲食店チェーンのダイエー商事が運営する一番町にある「ミートマン 仙…

    最近話題のエリア「仙台銀座」に鎮座する、煉瓦使いの外観をそのまま使用する趣のある雰囲気を醸し出した一軒家風のビルに、焼き鳥とワイン居酒屋「仙台銀座の肉男MEATMAN(ミートマン)」が4月27日オープンした。経営は、炉ばた焼きとワイン「炉ばたのれん」や寿司バル「ワインとお酒と板前バル 魚が肴(さかな...
  • 150524_yamyamcincin_05

    【ニューオープン】 池袋の人気アジアンビストロ「アガリコ」を手掛けるビックベリーの大林芳彰…

    東北一の繁華街・仙台市国分町に、飲食店経営だけでなくプロデュース業でも数々のヒットを飛ばしている大林芳彰氏(Big.Berry代表取締役)がプロデュースする仙台初のパクチー料理専門店「エスニック屋台バル ヤムヤムチンチン」が、5月17日にオープンした。経営は、株式会社クロールアップ(宮城県若林区穀町...
Copyright © 2015 FOOD STADIUM TOHOKU INC. All Rights Reserved.