飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東北」

ヘッドライン

図1_R

新たなる肉の革命を起こせるか。新感覚&仙台初の「味噌すき」×14種類の漢方で育った健康な「漢方和牛」!青葉区大町に『大町 二代目 幸五郎』が4月27日オープン!

漢方和牛焼きコース『赤身焼きつくし』給仕はすべてお任せです
漢方和牛『味噌すきコース』お肉を焼いていきます
お肉が焼けました。一旦取り出して…
江戸甘味噌が溶け込んだ鍋にイン!野菜も入れて完成!!美味しそう!!
漆黒の壁と竹が印象的な外観。

思い返せば、ここぞというタイミングで出逢う人からの一声がきっかけとなりチャンスをつかんできた人生だった。やんちゃな少年時代を過ごしてきた池田氏は高校卒業後、父親の紹介で関東の食肉仲卸業に就職。8年間をサラリーマンとして過ごしてきたが、取引先の一声でずっと気になっていた飲食店に転職、その後約1年で仙台国分町飲食店への転職話が入ってきたことにより、地元へ戻ってくることとなる。27歳で松島のホテルへ転職、ようやく腰を据えて調理場に立つことができるようになり、調理師免許もとった。人との巡り合わせや出逢いに事欠かない人生は「自分の店を出したい」という池田氏の心を知ったかのように次々とチャンスをくれた。一ホテルの一料理人にはあり得ないオファー「東北電力のIHクッキングヒーター広報のためのクッキング担当」や「KHBなまいきTVの料理コーナーのアシスタント」等がそれだ。人との出逢いを大切にする池田氏だからこそ舞い込んでくる仕事に池田氏はひとつひとつ丁寧に取り組んでいった。
東北電力の仕事が終わりを迎えたころ、焦りを感じた池田氏は商工会主催の就業支援セミナーに参加。これからはインターネットの時代だと考え、販売促進ツールの営業代理店募集に申し込み、個人事業主として2足のわらじをはくこととなる。働いてみると代理店営業は2足のわらじでうまくいくほど簡単ではなく、いままでずっと飲食店をやっていきたいと願っていたにも関わらず、飲食の道をやめ代理店の道を選ぶこととなる。そこから約10年、池田氏は飲食への想いを悶々とさせながら代理店業に精を出した。
東日本大震災が起こった2011年。後輩が「焼肉屋をやりたいから一緒にやらないか」と申し出てきたことをきっかけに、ある焼肉店へ修業という名のバイトにいくことになる。池田氏にとって代理店との2足のわらじがまたも始まったわけだが、このことを周りの人たちへは話せずにいた。しばらくして後輩の焼肉屋プロジェクトは立ち消えとなり、あるビジネスセミナーでついに将来は飲食をやりたいことを打ち明けた。そこからは坂道を駆け上がるかのように、内装業、生産者、パートナーが次々と現れ、構想から視察を含め約9か月で『大町二代目 幸五郎』をOPENすることとなる。
『大町二代目 幸五郎』は、くりはら市にある関村牧場直営の『幸之助』の2代目という位置づけの店だ。というのも、関村氏の「漢方和牛の内臓を美味しく食べられる店をつくりたい」という想いを聞いた内装業の社長が、池田氏を口説いたことから始まったからだ。漢方和牛は14種類の漢方を配合した餌を食べて育った自然配合のブランド牛であり、関村氏がBSE問題の際に死にもの狂いで考え育て上げた牛である。その美味しさ、安全さを食育を含め伝えていくために自らが創った『幸之助』の2代目として池田氏に想いを託したのである。『幸之助』は関村家1代目の名前、『幸五郎』は関村家2代目の名前である。そこからも想いの強さを感じ取ることができる。
『大町二代目 幸五郎』は漢方和牛専門の和風焼肉店である。1階は焼き物メインの『もつコース“漢方和牛煮込み/彩り野菜/漢方和牛もつ焼き尽くし/漢方米/お新香” 3,000円(税別)』『焼コース“漢方和牛煮込み/前菜三種/彩り野菜/内臓5種 赤身焼き尽くし/漢方米/デザート” 5,000円(税別)』2階は牛鍋メインの『味噌すきコース“漢方和牛煮込み/前菜三種/漢方和牛盛り/彩り野菜/漢方和牛味噌すき/漢方米/デザート” 8,000円(税別)』となっており、すべて給仕してくれる。また、単品でも頼むことができるように日々仕入れを細かくしているので、ぜひメニューからお気に入りを探してほしい。ドリンクも、焼酎、ワイン、日本酒等、漢方和牛の味わいを邪魔しない銘柄が取り揃えられており、『飲み放題 2,500円(税別)』も特別につけられるようにした。
念願の「いつかは飲食をやりたい」という夢が、たくさんの人に支えられ導かれ叶った今、これからは応援してくれた方々すべてに恩返しをしたいと池田氏は言う。漢方和牛の伝道師として、飲食店の一ファンとして、新米の飲食店オーナーとして、やるべきことはたくさんあるが、いまは与えられた役割を一生懸命やること、そこから発展していくことだけを考え、前を向いて走り続けていきたいと。
池田氏の夢はいま始まったばかり。感謝の気持ちを形にかえて、飲食人として生きる姿をこれから見守っていきたい。





(取材=澤田てい子)

店舗データ

店名 大町 二代目 幸五郎
住所 宮城県仙台市青葉区大町2-8-1
アクセス 地下鉄東西線大町西公園駅から徒歩5分
電話 022-393-6104
営業時間 ディナー17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日
坪数客数 21坪1階(カウンター、テーブル)10席、2階(個室)21席
客単価 コース3,000円、5000円、8000円
運営会社 アーサー株式会社
オープン日 2017年4月27日

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2015 FOOD STADIUM TOHOKU INC. All Rights Reserved.