飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東北」

ヘッドライン

図1_R

「いわき市を東北一の都市にする」ビジョンに共感!日本初、商業併設型のクラブハウス【IWAKI FC PARK】内に『Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN』6月10日オープン!

福島県最多21種類のクラフトビールを生で堪能できる!東北のみならず、日本全国、世界各国の厳選したビールを取り揃えている。
いわきFCのコートを眺めながら食事ができるテラスが一番人気。選手たちの息遣いさえも聞こえてきそうなほど!
自慢は北海道産小麦を使用し店内熟成させた生地のピッツァ。クラフトビールとの相性は抜群!
本日の野菜グリル 880円(税別)
野菜そのものの甘味を感じてください!
プロダクトタイムグループ代表、千倫義氏。オープン2日目の忙しい時間に笑顔で取材に応えてくれた。

いわき湯本駅から車で5分。普通に考えれば「なぜこんな場所に店を出すのか不思議」な立地に、プロダクトオブタイムグループ代表の千倫義氏は17店舗目『Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN』をオープンさせた。きっかけは2016年6月、以前からの友人である47PLANNINGの鈴木社長から「いわき市を東北一の都市にする」構想を聞いたことだ。47PLANNINGはすでに同施設にいわきスポーツクラブの業務委託で『RED&BLUE CAFE』を出店することが決定しており、ともにいわきを盛り上げてくれる仲間を必要としていた。
「当初この話が来たときは正直怖いと思った。いわき市を東北一の都市にするって本当なの?って。」提案された分厚い資料を何度も読み返し、まだグランドすら出来上がっていない現場に訪れ、鈴木社長の熱い想いを聞いたという。「話を聞いていくうちに、出店することに意義や意味を感じ始めた。関わりたくなってきたんです。これは良くある町おこしじゃないなと。スポーツでできることの可能性を感じたし、勉強になると思った。ビジョンと資金のバランスが取れていることで、ヨーロッパのようにスポーツが事業として成り立てば、いわきFCの成長ともにいわき市が盛り上がっていく。それは震災後に楽天イーグルスが東北の復興の要因のひとつとなり東北が盛り上がったように、いわきFCもいわき人の誇りとなって本当の意味での町おこしができるのではないかと思った。そう考えたら、いわき市を東北一の都市にする、というビジョンも現実性があると感じたんです。」
2016年10月4日。鈴木社長から構想を聞いてから約3か月後に、千氏は出店を決断した。鈴木社長と一緒に仕事をしてみたいと思っていたことも背中を押した。

『Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN』は隣接する『RED&BLUE CAFE』とフードホールのような形になっており、店内はそれぞれ48坪と47坪だが、店の真ん中でつながっているため、いわきFCフィールドを見渡せるテラスも手伝って解放感にあふれている。クラフトビールは福島県最多の21タップ。東北のビールに拘らず、いわきFCのビジョンに寄り添う形で世界のクラフトビールを準備しており、SMALL SIZE(250ml)550円(税別)、REGULAR SIZE(400ml)850円(税別)で21種類を日替わりで愉しむことができる。もちろん、ワインやカクテル、ソフトドリンクの種類も豊富で、「ソムリエが造るサングリア(赤・白)各600円(税別)」や、「フレッシュ・パクチーモヒート 640円(税別)」等こだわりのドリンクもおすすめ。他のCRAFTSMANとはコンセプトを変え、食事をメインに快適に楽しんでいただけるように考えたためお通しはない。おすすめのメニューは北海道産高級小麦と知られているキタノカオリを100%使用し店内熟成させた生地で作るピッツァ。王道の「マルゲリータ 1,060円(税別)」「マリナーラ 980円(税別)」や「5種のキノコと温泉卵 1,180円(税別)」「トリュフ 1,580円(税別)」の他に、「いわきFCスペシャル 1,580円(税別)」もある。今後はいわき市の魚である「めひかりを使ったピッツァ」等、やはり東北イートローカルを掲げ東北の食材を使ったメニューを取り揃えていく予定だ。

千氏はアメリカに在住していたころから「自分の価値観を大事にするためには自分と合う会社を見つけるより自ら会社を作ったほうが近道なのではないか」と考えていた。独立のために作成した企画書のひとつに「飲食業」という選択肢を入れていたことで、帰国後1999年、26歳のとき飲食業界に参入することを選んだ。最初は牛角のFC店を運営していたが、2007年34歳で初の自店舗ビアビストロ「ブルゴンディセ ヘイメル (Bourgondische HEMEL) 」を出店。常に、自分たちのやりたいことは何か、その場所で必要とされていることはなにかを考え出店を重ねてきた。今回、17店舗目の『Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN』を日本初の商業施設併設型のクラブハウスへ出店したことはプロダクトオブタイムグループとしても初のチャレンジとなる。
「哲学と理念だけでは前には進めない。そこに利益があってはじめて事業となる。」クレドにある価値観にまっすぐに向き合う千氏はこの新しいチャレンジに「見えない力が働いているように感じる」という。「サッカーに興味がない人も、いわきFCを知らなかった人も、スポーツを通していわき市全体が盛り上がることで、いろんな人を巻き込める事業になるのではないか。そうなることで、いわき市の復興につながり、東北一の都市になり、最終的には世界と戦えるチームを創ることにつながるのではないか。」と。新たな価値観を想像し、たくさんのワクワクを創出するプロダクトオブタイムグループらしいチャレンジといわきFCとともに駆け抜ける快進撃を応援していきたい。

(取材=澤田てい子)

店舗データ

店名 Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN (ピッツェリア クラフトビア クラフトマン)
住所 福島県いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前1−1 いわきFCパーク 3F
アクセス 常磐線いわき湯本駅から車で5分
電話 0246-889-231
営業時間 11:00~23:00(L.O.フード22:00/ドリンク22:30)
定休日 なし
坪数客数 48坪 テーブル32席 カウンター15席 テラス16席
客単価 ランチ1,300円/ディナー3,300円
運営会社 プロダクトオブタイムグループ
オープン日 2017年6月10日
関連リンク HP
関連リンク IWAKI FC
関連リンク IWAKI FC PARK

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2015 FOOD STADIUM TOHOKU INC. All Rights Reserved.