飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム東北」

ヘッドライン

図2_R

47PLANNING本拠地・いわき市で革命を起こせるか。日本初商業施設併設型クラブハウス【IWAKI FC PARK】内に『RED & BLUE CAFE』6月10日オープン!

Rbパンケーキは4種のトッピング(バター、メープルシロップ、生クリーム、ハニカムシュガー)と合わせてどうぞ。
イタリア語で「溺れる」という意味のアフォガード。特製コーヒーチョコレートソースをかけていただきます。
エッグベネディクトは、いわき産の玉子、肉厚のベーコン、ふわふわ食感の濃厚で食べ応えのあるお食事パンケーキです。
いわき出身、山﨑敦史店長。
地元で働けることへの喜びをかみしめながら、いわきを盛り上げる着火役として日々奮闘中。

『IWAKI FC PARK』は、日本初の商業併設型のクラブハウスで、1FはいわきFCやUNDER ARMOURなど、グローバルブランドを体感できるスポーツカルチャーのフロア、2Fが世界レベルのトレーニングジムと海外直輸入の英会話スクールのフロア、3Fが飲食店フロアとなっており、いわきFCフィールドを眺めながら食事ができる。その3Fに『RED & BLUE CAFE』をオープンさせたのが、株式会社47PLANNINGだ。株式会社いわきスポーツクラブの大倉社長の「スポーツを通じていわき市を東北一の都市にする。いわきFCのスタジアムを中心に街が輝く。スポーツがいわき市を復興から成長へと牽引する。」という熱い想いを実現させるため、業務委託で運営することとなった。またその一環として、GLOBAL&LOCALというコンセプトで「いわきFCクラブハウス」飲食エリアのプロデュースやクラブハウスのマネジメント、販促業務も合わせて行うこととなった。そんな壮大なプロジェクトの先頭に立つ『RED & BLUE CAFE』の店長に任命されたのはなんと、いわき市出身いわき市育ちの山﨑敦史氏だった。

山﨑氏はもともと地元いわき市の飲食店で務めていたが、震災を経験したことにより「いわき市しか知らないようでは生き残れない。外に出て地域活性、地域創生の視点を持たなくてはいけない。自分の目指す先を見極めたい。」という思いから一念発起、大好きな地元を出て東京で修業することを選んだ。そこで出会った会社が47PLANNINGだった。当初47PLANNINGは飲食事業部を拡大するタイミングでもあり、飲食業を生業としていきたい山﨑氏にはまたとないチャンスの時でもあった。尊敬する鈴木社長のもとで働きながら地域活性、飲食業、その他多くのことを学んでいく中で今回の『IWAKI FC PARK』の話が持ち上がり、大抜擢を受けることとなる。いわき市を愛する山﨑氏にとってこの話は「最初で最高の使命」であり「いわきの人がいわきを誇れる場所を提供できる仕事」だと考えている。
47PLANNINGがこの事業を担うことにした理由は「サッカーというスポーツが持つ経済的な価値を最大限引き出すことで、いわき市を東北一の都市にできると信じたから」であり、 そのために「いわきFCが復興のシンボルとなるだけでなく、いわきFCのホームとなる本格的なスタジアムを建設して多くの熱狂的なファンを呼び込む使命がある」と考えている。「いわきFC観戦を中心とした観光や飲食などへの消費によるいわき市への経済効果を拡大させ、いわき市全体の成長に繋げていきたい。いわきFCが街のブランド価値を上げていくことで、お金も若者も惹き付けられていき、いわきFCを中心として街を生まれ変わらせたい。」と。

『RED & BLUE CAFE』は隣接する『Pizzeria e Craft Beer CRAFTSMAN』とニューヨークでよくあるフードホールのようなイメージで店内の真ん中でつながっており、両店のドリンクを頼めるようになっている。お子様にも優しいソファ席も準備されているためゆっくりとした時間を過ごせる。いわきFCフィールドを見渡せるテラスは解放感抜群、臨場感にあふれている。メニューはいわきの食材をできるだけ使った地元に根差したものとなっており、自慢のパンケーキ「Rbパンケーキ 880円(税込)」「エッグベネディクトパンケーキ 1,280円(税込)」等は、いわき産の濃厚な豆腐を生地に練りこんでおり、口に入れた瞬間にほのかな甘みとふわふわの食感が病み付きになる。また、 こだわりのコーヒーは生豆からそれぞれの特徴に合わせて店内で自家焙煎しハンドドリップでいれている。収穫から1年以内の鮮度のいいものを使用しているので香りも高く、豊かな気分になれる一杯だ。

山﨑氏は『RED & BLUE CAFE』店長として、いわきFCのオフィシャルカフェとしての使命、いわき出身だからこそのプロジェクトに懸ける想いの強さは人一倍強い。いわきFCが世界と戦うチームへと成長していくように、山﨑氏が在籍する47PLANNINGの地域開発部がいわき市の復興、成長のシンボルとなることに期待せずにはいられない。



(取材=澤田てい子)

店舗データ

店名 RED & BLUE CAFE いわきFCオフィシャルカフェ
住所 福島県いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前1−1 いわきFCパーク 3F
アクセス いわき湯本駅より車で5分
電話 0246-85-5722
営業時間 モーニング[土・日・祝]9:00~11:00、ランチ11:00~14:00、カフェタイム14:00~17:00、ディナー17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 なし
坪数客数 47坪59席(店内43席、テラス16席)
客単価 ランチ1200円/ディナー1800円
運営会社 株式会社47PLANNING
オープン日 2017年6月10日
関連リンク HP
関連リンク いわきFCPARK

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

Copyright © 2015 FOOD STADIUM TOHOKU INC. All Rights Reserved.